輸出用パーツ



 フルエアロ化をやめると同時に、できる限り輸出用パーツを取り付けることにしました。以前から付いていた物も含め、私の車に着いている輸出用パーツを紹介します。
 現在どうしても欲しい物として、既に絶版になっているフロントフォグ(レンズカット無し)があります。もしお持ちの方で譲っても良いという方がいらっしゃいましたらぜひご一報ください。

ヨーロッパ仕様フロントコンビネーションレンズ


 装着している方も多い定番のフロントコンビネーションレンズです。これはヨーロッパ仕様車に装着されている物です。

北米仕様フロントサイドマーカー


 こちらも装着されている方が多い定番のフロントサイドマーカーです。上のコンビネーションレンズとセットで取り付けている方が多いのではないでしょうか。こちらは北米仕様車に装着されている物です。

北米仕様リアサイドマーカー


 こちらも装着されている方が多い定番のリアサイドマーカーです。こちらは北米仕様車に装着されている物です。

ヨーロッパ仕様リアフォグランプ&スイッチ


 時々装着されている方を見かけるリアフォグとスイッチです。スイッチはフロントフォグと絵の向きが違っています。こちらはヨーロッパ仕様車に装着されている物です。厳密にはヨーロッパ仕様車は前期テールなので、後期テールにリアフォグが着いている仕様は無いんですね。
 リアフォグ、スイッチ共に絶版です。

ヨーロッパ仕様ヘッドライトウォッシャー&スイッチ


 ヨーロッパ仕様車に装着されているヘッドライトウォッシャーとスイッチです。もちろんきちんと水が出るように加工してあります。
 ノズル、スイッチ共に絶版です。

輸出用フロントTOYOTAエンブレム


 国内仕様ではグレードに応じたエンブレムが着きますが、輸出用はTOYOTAエンブレムです。

北米仕様ドアミラー(前期型)


 北米仕様には前期、後期モデルのドアミラーがあります。今回、やっとの思いで前期モデルをゲットできました。厳密には車検に通りません。また、左側の視界が格段に悪くなります。
 前期型、後期型とも絶版です。

北米仕様ドアミラー(後期型)


 今回たまたま後期モデルもゲットできました。こちらも前期輸出用ミラー同様、厳密には車検に通りません。左側の視界は前期同様格段に悪くなりますが、前期ミラーよりミラーの可動範囲が広いので、前期より少しは良いです。まぁ、見辛いことに変わりはありませんけれどね。(笑)
 前期型、後期型とも絶版です。

リアテールガーニッシュ


 ある方にガーニッシュのレンズだけを、かなり前にいただきました。右上部分がほんの少しだけ欠けていたので取り付けずにそのままになっていました。
 タンスの肥やしならぬ、ガレージの肥やしにしておいてももったいないので思い切って取り付けてみました。気になっていた欠けている部分は、言われなければ全く気づかない程度でした。ε-(´∀`*)ホッ
 しかし…いざ取り付けてみて…どうなんでしょうか?!国内仕様の方が統一感があって良いような気がしないでもないのは私だけでしょうか…(;´∀`)
 ただ、何を言ってももう元には戻せません(爆)